協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
認知運動療法へ・私の臨床ノート -1
道具と治療
塚本芳久,山田真澄,石原崇史 著
ISBN 978-4-7639-1038-7
A5判 160頁 2004年6月23日発行
定価 2,160円(税込)
カートに入れる
シリーズ『私の臨床ノート』シリーズは,認知運動療法を臨床という場で実現しようとする人々の具体的で,真摯な思考のレポートである.
このシリーズの最初の試みである本書では,認知運動療法で使われる道具の治療的意味とその活用方法を述べるという方法を通して,治療を行ううえでの具体的な臨床思考と事例を提示する.臨床家から臨床家に向けて書かれた本書は,同様に認知運動療法の臨床を創造しようとする人々にとって手がかりとなったり,あるいは議論の材料となることを意図している.
認知運動療法の基本的なテキストを読まれた方々,そして実際に臨床を行っている方々に是非ともお読みいただきたいと願っている.

tit_kanren.gif
認知運動療法へ・私の臨床ノート -2 臨床思考の手続きと治療
認知運動療法 運動機能再教育の新しいパラダイム
子どもの発達と認知運動療法
身体と精神 ロマンティック・サイエンスとしての認知神経リハビリテーション
認知神経リハビリテーション入門
認知とは何か
「認知を生きる」ことの意味 カランブローネからリハビリテーションの地平へ
認知運動療法講義
脳のリハビリテーション:認知運動療法の提言 第1巻 中枢神経疾患
脳のリハビリテーション:認知運動療法の提言 第2巻 整形外科的疾患
認知運動療法と道具 〜差異を生みだす差異をつくる
片麻痺 -バビンスキーからペルフェッティへ-
リハビリテーション・エッセイ「あなたと一緒に遠くまで旅する本」  恋する塵 〜リハビリテーション未来圏への旅

tit_seri.gif
認知運動療法へ・私の臨床ノート -2 臨床思考の手続きと治療


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.