協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
パンフレットを見る
身体と精神
ロマンティック・サイエンスとしての認知神経リハビリテーション
カルロ・ペルフェッティ 著
小池美納 訳
宮本省三,沖田一彦 監訳
ISBN 978-4-7639-1067-7
B5変判 212頁 2012年5月9日発行
定価 4,320円(税込)
カートに入れる
『認知運動療法〜運動機能再教育の新しいパラダイム』刊行から14年,カルロ・ペルフェッティの探求の軌跡が書籍になりました.日本人を対象に行われた講義の記録を中心に,ペルフェッティ自身によって編まれ,手直しされた10編の「講義集」.イタリア認知運動療法の重要な研究プロジェクト「認知を生きる」,そして「患者と話す」を経て,リハビリテーション“科学”の核心が追究され,その未来への方向が示されています.本書にはリハビリテーション医学の認識論,行為する主体者(患者)の経験の言語,メタファーの治療的活用,言語記述と行為の回復,訓練の現実への汎化,教育的経験と認知過程の回復,といったリハビリテーションにおける重要なキー概念を理解するための講義がすべて盛り込まれています.

tit_kanren.gif
認知運動療法 運動機能再教育の新しいパラダイム
子どもの発達と認知運動療法
片麻痺 -バビンスキーからペルフェッティへ-
認知運動療法入門 臨床実践のためのガイドブック
「認知を生きる」ことの意味 カランブローネからリハビリテーションの地平へ
認知運動療法講義
認知運動療法へ・私の臨床ノート -1 道具と治療
認知運動療法へ・私の臨床ノート -2 臨床思考の手続きと治療
脳のリハビリテーション:認知運動療法の提言 第1巻 中枢神経疾患
脳のリハビリテーション:認知運動療法の提言 第2巻 整形外科的疾患
認知運動療法と道具 〜差異を生みだす差異をつくる
運動の生物学 改訂第2版 〜臨床家のための脳科学
わたしのからだをさがして 〜リハビリテーションでみつけたこと
リハビリテーションのための 認知神経科学入門
リハビリテーションのための 神経生物学入門
“ながら力”が歩行を決める 自立歩行能力を見きわめる臨床評価指標「F & S」
リハビリテーションのための 発達科学入門 身体をもった心の発達
リハビリテーション臨床のための脳科学 運動麻痺治療のポイント
ペイン・リハビリテーションを生きて


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.