協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
パンフレットを見る
立ち読み
臨床ノートの余白に
発達支援と高次脳リハビリテーション
本田慎一郎,菊谷浩至 著
ISBN 978-4-7639-1091-2
A5判 236頁 2021年9月21日発行
定価 3,300円(税込)
カートに入れる
言葉−声−身体の臨床………
経験はどうやって語れるのだろうか
経験はどうやって聞きとれるのだろうか


本書は,リハビリテーションの臨床のなかで,「対話」を通して本人やセラピストの双方が気づき,考え始めることをできる限り漏れなく書き留めることで,臨床の生きた流れを再現したものです.
リハビリテーション・カルテの枠内に書ききれないこと,そうであれば欄外に書きこむしかない気づきが思考の契機となり,それによって発見されていく情報が臨床の質を向上させていくという臨床家の「実感」が浮き彫りにされています.
本人とセラピストとの対話によって動き始める思考を繫ぎ合わせ,観察や科学的知見を織り交ぜながら展開させることこそがリハビリテーション独特の臨床思考の原動力であり,治療効果を生み出すための臨床判断の根拠にもなっていることが明らかになってきます.

さらに,「対話」を「言葉−声−身体」が融合した仕組みであるととらえ,この仕組みが生み出すものをいっそう意識的に活用することが,リハビリテーションの臨床の実体であり,本人とセラピストがひとつの治療目標のもとに,それぞれにその臨床の当事者としての経験を生きている時間と場所を共有していくということこそ,リハビリテーションにおいて活用される「対話」という営みのもっとも力強い生命力,言ってみれば人間の認知機能が活発に動く「力場」であると考えます.

本書では,詩人の力を借りて,リハビリテーションの臨床をそうした「言葉−声−身体」の世界として読み直します.

tit_kanren.gif
豚足に憑依された腕 高次脳機能障害の治療
臨床のなかの対話力 リハビリテーションのことばをさがす
臨床のなかの物語る力 高次脳機能障害のリハビリテーション
食べることのリハビリテーション 摂食嚥下障害の多感覚的治療


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.