協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
パンフレットを見る
立ち読み
ペルフェッティ・パースペクティブ[機 
認知神経リハビリテーションの誕生
身体と精神をめぐる思索
カルロ・ペルフェッティ 著
小池美納 訳
宮本省三 編集
ISBN 978-4-7639-1092-9
B5変形判 208頁 2021年10月23日発行
定価 4,400円(税込)
カートに入れる
『身体と精神』に次ぐペルフェッティの貴重な講義録
リハビリテーションはどこに向かうべきなのか
その探求の軌跡をたどる


本書は,日本のセラピストを対象にした,カルロ・ペルフェッティの貴重な講義の記録です.

ペルフェッティは運動機能の回復を,身体−精神のシステムの回復と捉え直し,リハビリテーションにとって革命的ともいえる視点の転換をもたらしました.それは,訓練を通して,障害によって変質した神経メカニズムの再構築・認知過程の再組織化をはかることであり,そのことは同時に患者の意識経験(主観)の変容を伴うという考え方です.言い換えれば患者の意識経験の変化が中枢神経系を改変するということです.
その視座は,運動学・神経生理学・神経心理学・脳科学・教育学・哲学など自然科学・人文科学を合体させた膨大な知の蓄積の中からリハビリテーション(病的状態における学習プロセス)の観点から役立つものを取捨選択するなかで得られたものです.リハビリテーションのための治療理論の確立のために理論的仮説を立て,訓練で検証し,理論をさらに「厳密な科学」へと発展させていくという絶えざる営みを続けてきました.

本書によってその営みを支えてきた思索の軌跡を改めてたどることはペルフェッティが切り開いたリハビリテーションの方向を見据え直すことであり,「未来のためのツール」を手にすることにつながります.

tit_kanren.gif
身体と精神 ロマンティック・サイエンスとしての認知神経リハビリテーション
認知運動療法 運動機能再教育の新しいパラダイム
認知神経リハビリテーション入門
子どもの発達と認知運動療法
疼痛の認知神経リハビリテーション
失語症の認知神経リハビリテーション


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.