協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
右半球損傷
−認知とコミュニケーションの障害−
Penelope S. Myers 著
宮森孝史 監訳
阿部亜紀子,入江美緒,大澤富美子,荻野 恵,織田千尋,
小島真奈美,長塚紀子,山口加代子 訳
ISBN 978-4-7639-3043-9
B5判 312頁 2007年3月9日発行
定価 5,400円(税込)
カートに入れる
患者のQOLに重大な影響を及ぼす右半球損傷による障害,特に認知とコミュニケーションの障害について広く研究を概観し,その診断と治療,リハビリテーションに関して十分な情報を提供する,臨床的視点を重視した待望の書である.病識が浅い,楽観的,集中力に乏しい,意欲が空回りする,指示に従わないといった右半球損傷者の特性が,なぜ生じるのか,そして,どのように対処したらよいのかについて,それぞれ認知機能障害とコミュニケーションの視点から丁寧に解説されている.密接に関連し合っていることの多い右半球損傷の徴候や症状に関しても,臨床経験や実験,そして様々な研究を交えながらその関連性について詳説されており,臨床家にとっては治療へのさらなる応用のヒントが,研究者にとっては患者の行動に影響を与えている一連の症状をより深く知るための手がかりが豊富に示されている.

tit_kanren.gif
片麻痺 -バビンスキーからペルフェッティへ-
高次脳機能障害者の世界 改訂第2版 私の思うリハビリや暮らしのこと
高次脳機能障害のための認知リハビリテーション 統合的な神経心理学的アプローチ
高次脳機能検査の解釈過程 知能,感覚-運動,空間,言語,学力,遂行,記憶,注意
作業療法学全書 改訂第3版 第8巻 作業治療学5 高次脳機能障害


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.