協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
読み書き障害の克服
ディスレクシア入門
B. Hornsby 著
苧阪直行,苧阪満里子,藤原久子 共訳
ISBN 978-4-7639-4004-9
A5判 176頁 1995年7月1日発行
定価 2,052円(税込)
カートに入れる
ディスレクシアの子どもは,全般的な発達遅滞による知能障害が認められないにもかかわらず,読み書きに障害をもつ.不器用である,算数が苦手,方向に混乱を生じる,人や物の名前をいうのが苦手,これらもまたディスレクシアの兆候の可能性がある,といえる.ディスレクシアは,その治療(教育的および心理学的訓練が不可欠)がごく早い時期にスタートすればかなりの重症の子どもでもほとんど完全な機能回復が可能であることが本書でも報告され,これは成熟過程にある子供の脳の可塑性(脳のやわらかさ)つまり脳内の神経ネットワークの学習による再構造化によって可能となるからだとされている.
本書は,この「ディスレクシア」の理解と早期発見を願い,また家族と学校の教師のための実際的なアドバイスをわかりやすく記載した,わが国で初めての入門書である.

tit_kanren.gif
自閉症とその関連症候群の子どもたち 学級・セラピーの現場でできること


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.